研修レベル ラダー2

12月16日水曜日 研修レベル ラダー2
講師  時間           研修テーマ
新村  09:00~10:20   問題解決技法(基礎)
友清  10:25~11:25   メンバーシップ
友清  11:30~12:30   アサーティブ
新村  12:30~13:00   振り返り(1分間プレゼン)

 

N・M

メンバーシップを発揮するにあたり、コミュニケーションが大切であることがわかりました。聞く側も説明する側も、それぞれに必要な力があり、それを踏まえた上で日々メンバーと仕事をしていきたいと思います。

問題解決技法Ⅱでは、グループワークを通して、解決したい問題事例と結果にずれがあることがわかり、問題事例をあげる際は、具体的に細かく抽出した方がよいと分かりました。また、他メンバーの発表では、自身の問題を問題解決の事例にあげていて、自分自身の問題から病棟全体に発信できることがあると解り、今後の参考にしていきたいと思いました。

アサーティブでは、自分も相手のことも尊重しコミュニケートするということを学び、メンバーシップをするにあたって大切なコミュニケーション技法だと思いました。実際、自分がアサーティブな態度をとれているかどうか振り返ることができ、看護を実施するにあたって落ち着いて、自分も相手も尊重できるような態度で、気持ちよく仕事ができるようにしていきたいと思いました。

 

I・K

前回の研修ではリーダーシップについて学び、その学びをもとに今日まで業務をしてきました。そして、今回はメンバーシップについて学びました。今まで、メンバーは指示をされて動くというイメージでしたが、今回の研修で、メンバーも共通の目標の中で自分が何をするのか理解し、また、他のメンバーと協力しながら役割と責任を果たすことがメンバーシップだと学びました。そして、その中で私が気付いたことは、報連相についてです。

私は【報】の中の「経過や結果を知らせる」と、【相】の「アドバイスをもらったあとの結果を伝える。」を忘れがちであるということです。これからはそれらを注意して、より良いメンバーシップにつなげていきたいと思います。

メンバーシップにしてもリーダーシップにしても、一人ではできないものであり、そこには必ず他者とのコミュニケーションが必要になってきます。その中で、受け止める力・伝える力が必要です。受け止めるには、言葉だけでなく、表情や声の調子からも気持ちをとらえること、伝える力には伝えたかどうかではなく、伝わったかどうかが必要であること。これらを上手く行えるようにするためにもアサーティブな表現を理解する必要があることを学びました。

「他人の権利を尊重しながら自分の権利を守ることを基本に、無理なく自己表現するためのコミュニケーション」は、簡単なようで難しいと感じました。自己分析の結果、私は受け身であることが分かりました。人の意見に耳を傾けることは大切だと思いますが、自分の意見を伝えられないのでは、十分なコミュニケーションがとれていることにはならないと学びました。すぐに改善されるものではないと思いますが、アサーティブなコミュニケーションを念頭に置いて、誰とでも上手にコミュニケーションがとれるよう心がけていきたいと思います。

前の記事

茶話会(新入職者ミーティング)