大腸肛門外科

大腸・肛門疾患、「痔の治療」を専門としています

大腸癌(結腸癌、直腸癌)・肛門疾患(直腸脱、内外痔核、裂肛、痔瘻)・鼠径ヘルニア・急性腹症(虫垂炎、腹膜炎)などの大腸肛門
疾患の診察・治療を行っています。
通常手術については入院にて行っていますが、「内痔核」に関しては外来での「結紮術」も実施しています。

最近においては、排便時に出血するとの症状で「大腸癌」の患者様が増加しています。胃腸科との連携のもと「大腸癌」の手術も積極的に行っています。

担当医

谷向 茂厚

たにむかい しげあつ

谷向病院理事長/院長

外科/大腸肛門外科

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医

主に外来では外科・肛門科を中心に、入院では内科系の急性期疾患から結核まで幅広く診療を行っています。迅速なCT検査の施行や結果説明など、大病院では提供できない小回りのきいたきめ細かさで患者様に寄り添った医療を目指しております。訪問診療も積極的に行っています。現在はかかりつけの患者様が中心ですが今後、地域のニーズに合わせて展開させるつもりでおります。

Profile Picture

横町 順

よこまち じゅん

谷向病院副院長

外科/大腸肛門外科/消化器外科

日本消化器外科学会専門医

消化器一般外科、肛門科を中心に診療を行っております。胃瘻の造設や管理、褥瘡(床ずれ)の管理についてもご相談ください。

Profile Picture

外来診察表

受付時間祝日
午前(9:00〜11:30)谷向/横町横町谷向
午後(13:00〜16:30)
  • 火曜午前の谷向医師の診察は、「完全予約制」となります。