新病棟について

急速に進む少子化を受け、平成15年4月1日から「次世代育成支援対策推進法」が全面施行され、従業員301人以上の企業に対し、従業員が職業生活と家庭生活の両立を図るための職場環境を整備するなどの「行動計画」を策定することが義務付けられました。
その後平成23年4月1日以降は、従業員101人以上の事業所にも適応範囲が拡大されることになりました。
当院では、従業員が安心して働ける職場環境を構築するとともに、子育てを行う従業員が、職場生活と家庭生活の両立が図れるよう、次の行動計画を策定します。



I.計画期間

平成30年4月1日から平成33年3月31日

II.内容

計画1

計画期間内に年次有給休暇の取得率を平均80%以上とする。
■対策
部署ごとの取得率を公表し、低取得率の部署への啓発を行う。
計画的な取得を促進するための研修会を実施する。


計画2

時間外労働を月平均15時間以内とする。
■対策
業務改善を委員会において検討開始する。
各人の労働量にばらつきが無いよう部門長において調整を行う。
退社時間の設定を各部署において行う 。


以上


平成30年4月1日
医療法人喜望会 谷向病院

健診センター

医療安全管理室

看護部

訪問看護ステーション

多目的ホール

リクルートについて

一般事業主行動計画

新病棟について