ドック・健診

健康な日々を送るために

生活水準の向上や社会福祉の充実、医療の進歩などにより、日本は世界でも注目される長寿国となりました。
しかしながら、疾病全体に占めるがんや糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病の有病者や、その発症前の段階であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる割合(予備軍を含む)は40才以上では高く、男性では2人に1人、女性では5人に1人の割合に達しています。


私たちは、地域の皆様が生涯にわたって生活の質の維持・向上のために、疾病予防の観点から人間ドックや健診をお受けになることをお奨めするとともに、生活習慣の改善に主眼をおいた保健指導を実施しています。

健診実施曜日・時間(年末年始・祝日を除く)

月曜日〜土曜日 9:00〜12:00


予約受付時間(年末年始・祝日を除く)

月曜日〜土曜日 11:00〜17:00


予約電話番号

0798-33-0356(直通)


予約専用FAX番号

0798-35-2838


メールでのご予約、お問い合せ

kensin@tanimukai.or.jp

一般健診・・・・・7,020円(※)

当院では、以下のような場合に健康診断を希望されます方に随時おこなっています。
また、一般の患者様と混在することなく健診をお受けいただけるよう出来る限りの配慮をしています。

・受験、入学
・入職時
・各種申請
・海外渡航前
・その他


※労働安全衛生法第66条に基づく下記の検査を実施した場合の金額
(1)既往歴及び業務歴の調査
(2)自覚症状及び他覚症状の有無の検査
(3)血圧の測定
(4)尿検査(潜血、糖、蛋白)
(5)身長、体重、視力、聴力の検査
(6)胸部X線検査
(7)血液検査
   ・貧血検査
   ・肝機能検査
   ・血中脂質検査
   ・血糖検査
(8)心電図検査

企業健診・・・・・7,020円(※)

企業の経営者様にとって従業員の方々の健康を管理することは、その企業の発展、継続を左右する重要な要素のひとつです。
健康診断は、従業員の方々の健康管理や疾病の予防・早期発見を目的として「労働安全衛生法」の中で経営者に義務付けられています。


当院では、経営者様にとっても、従業員の方々にとっても受けやすくするように、受診日や時間などのご相談をきめ細かく行い、健康診断を実施しています。


※労働安全衛生法第66条に基づく下記の検査を実施した場合の金額
(1)既往歴及び業務歴の調査
(2)自覚症状及び他覚症状の有無の検査
(3)血圧の測定
(4)尿検査(潜血、糖、蛋白)
(5)身長、体重、視力、聴力の検査
(6)胸部X線検査
(7)血液検査
   ・貧血検査
   ・肝機能検査
   ・血中脂質検査
   ・血糖検査
(8)心電図検査


企業一般健康診断

・雇入れ時の健康診断
・定期健康診断(被爆健診を含む)
・高温作業など特定作業を行う労働者の健康診断
・海外派遣労働者に対する健康診断
・給食従事者の健康診断
・その他


特殊健康診断

・有機溶剤健康診断
・じん肺健康診断
・電離放射線健康診断 等


■産業医について
当院では、定期健康診断とその結果に基づく生活指導、健康管理指導、作業環境に基づく指導、助言を行う産業医の契約もおこなっています。

特定健診(要予約)

40才から74才までの医療保険加入者(被扶養者を含む)に対し「特定健診・保健指導」の名のもとに、「腹囲」を測定項目に入れた健康診断が国により保険者に義務付けられました。
これは、内臓脂肪の蓄積が血糖や血圧を上昇させ、脂質代謝異常を引き起こし、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患をまねきやすいことから、内臓脂肪の蓄積を診断し、動脈硬化の進行にブレーキをかけることを目的としたものです。


当院では、これらのことをもとに「特定健診」を行い、科学的根拠に基づき適切な「保健指導」を実施しています。


特定健診項目

■国の規定による基本的(必須)項目
・既往歴、服薬歴等の調査
・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
・自覚症状・他覚症状の有無
・血圧測定
・血液検査(脂質、糖質、肝機能)
・尿検査

■国が指定する追加検査項目(医師の判断による)
・心電図検査
・眼底検査
・貧血検査

健診センター

医療安全管理室

看護部

訪問看護ステーション

多目的ホール

リクルートについて

一般事業主行動計画

新病棟について