理事長挨拶

当院は、大正11年に医院を開業以来、当時わが国の疾病の中でもとりわけ死亡率が 高く大変恐れられておりました結核に対する診療を中心に行ってまいりました。
その後、 昭和25年には医療法人に、さらに昭和26年には寄付行為により財団法人として公益性 の高い法人として今日に至っております。
また、その間昭和30年には阪神間の私的病院としては最も早く、「肺葉切除術」を開始 し、手術をお受けになった方々を第一線の職場に復帰させてまいりました。
また、近年には大学より消化器内科及び消化器外科のドクターを招聘し、呼吸器科とも ども診療体制を充実させております。
私たちは今後も京都府立医科大学の関係病院協議会の一員として日々研鑚を重ねつつ、当院の基本理念を実現すべく地域の皆様と共に歩んでいきたいと考えております。

健診センター

医療安全管理室

看護部

訪問看護ステーション

多目的ホール

リクルートについて

一般事業主行動計画

新病棟について