谷向病院について

多目的ホール

「災害時における一時避難場所としての使用に関する協定」

平成21年2月17日、西宮市役所442号会議室において、西宮市長や防災・安全局長他関係者が出席のもと、「災害時における一時避難場所としての使用に関する協定」の調印式が執り行われ、西宮市と当院の理事長谷向 茂厚との間で協定が締結されました。
これは、今後30年の間でかなり高い確率で「南海地震」が発生するとの予測があり、西宮市の防災地図によれば、地震発生後に防潮門扉が機能しなかった場合、当今津の地区は50cm〜1mの浸水地域になっているため、地域住民の方々に当院「多目的ホール」を「一時避難場所」として開放することにより安心と安全を提供することを目的としたものです。

協定の締結式
協定の締結式
山田市長と
山田市長と

通常時は各種会合や趣味の会等にご利用いただけます。

地域の皆様に、当ホール(ロビー部分を除いて約106.8平方メートル)を会議や様々な集会にご利用していただけるように開放しています。自治会の会合や趣味の会等にご利用いただき、有意義に過ごしていただければと考えております。ご利用に関しましては、「多目的ホール利用規定」をご一読のうえ、下記までご連絡下さい。なお、ご利用に際し、その目的や趣旨によりましてはお断りさせていただくこともありますのでご了承下さい。(詳しくは「利用規定」をご覧下さい。

多目的ホール前ロビー
多目的ホール前ロビー
多目的ホール
多目的ホール

利用に関する連絡先

医療法人喜望会 谷向病院
経営管理部 総務課   担当 : 田口・山本
TEL 0798−33−0345(代表)
FAX 0798−22−8740

健診センター

医療安全管理室

看護部

訪問看護ステーション

多目的ホール

リクルートについて

一般事業主行動計画

新病棟について